i-Time~アイタイム~

SEOアフィリエイターによる地域ブログで収益100万円を達成するためのマネタイズテクを中心に解説します

情報系記事ライティングマニュアル(網羅記事の作り方)

情報系記事ライティングマニュアル(網羅記事の作り方)

この記事では、上位表示に効果的な「情報網羅記事」を作成するポイントを解説します。

手法の前に、まずは、考え方をお伝えします。

no image
情報系記事ライティングマニュアル

この記事では、情報系サイトに投稿する記事のライティングについて基本事項や記事の体裁等について解説します。 情報系記事ライティングマニュアルの概要と重要ポイント Googleが検索エンジンで上位表示する ...

続きを見る

検索エンジンが評価するポイントは2つある

各記事が検索エンジンの最上位を目指すには、2つの視点が必要です。

  1. Googleに評価されやすい記事
  2. 読者に評価される記事

この2つはともに重要ですが、大事なことは「分けて考える」ということです。

理想は、2つの要素を兼ね備えた記事を作ることですが、これは非常に難易度が高いです。「SEO対策」と「読者心理を理解したライティング」を同時に行わないといけないからです。

そのため、最初のうちは、「まずはGoogleに評価されやすいルールに沿って記事を書く」ことが重要です。

Googleに評価されなければ、検索エンジンの上位に表示されず、読者の評価が得られないからです。

「記事の対策キーワードを元にgoogleが検索意図にマッチしたキーワードの網羅性と正確性を判断し、価値アリと判断すれば、上位20位以内まで上昇」

「上位20位以内に入れば、若干の読者流入があるため、その読者の滞在時間や直帰率(離脱率)などをチェックし、価値アリと判断すれば、上位10以内まで上昇」

当然、上記以外に「被リンク」や内部リンクなどの要素が入りますが、当方の分析では、このような仕組みになっていると推測しています。つまり、

「上位20位以内に入る施策」と「10位〜1位に入る施策」は違うということです。

ライティングでは、まずは「上位20位以内に入る施策」を実践していく必要があります。

記事構成の前提

これから解説する情報網羅記事用のライティングマニュアルは、「上位20位以内に入る施策」であり、つまり「グーグルの検索アルゴに適用するために機械的に行う作業」です。

しかし、読者から信頼を得るためには、サジェストや関連ワードを機械的に抽出した見出しではなく、体験(経験)を踏まえたオリジナルな情報を元にした見出し案の作成が必要不可欠です。

このことから、見出し案の作成は、

サジェストなどを踏まえたワードに、オリジナルな訴求ポイントを含めた見出し

となるように構成を検討したいところです。

ところが、マニュアルではオリジナルな訴求ポイントを踏まえたワードを見出しに落とし込むよう設定するように指示するのは非常に困難です。

そのため、このマニュアルでは機械的に抽出したワードを見出しに配置する方法をメインに解説し、その上でライター様が重要と感じるワードを付け加えていくスタンスで行います。

メモ

なお、コンテンツの魅力としては、機械的に抽出された見出しより、ご自身の経験を踏まえたオリジナルな見出し案の割合が多い方が高く、それはグーグルの評価上昇にも繋がります。

そのため、下記のマニュアルはそれほど神経質に考えずに、「対策キーワードの関連ワード・重要ワードをコンテンツに出来るだけ含めた方がいいよね」という程度にお考えください。

では、具体的なライティング方法について解説します。

上位表示を目指すための基本戦略と考え方(コンテンツ編)

Googleのクローラーはロボットであるため、記事の評価は機械的に処理しています。

現在のところ、有効な施策としては、

  1. 検索意図を意識した詳細情報の網羅性
  2. 検索意図を意識した関連情報の網羅性
  3. プラスαでオリジナル情報の追加

が重要です。この3つの視点、特にオリジナル情報の追加を行っていくとホワイトハットでもかなり上位に食い込んできます。

この3つを簡単にいうと、

  1. サジェストキーワード
  2. Google検索で表示される関連キーワード(「他の人はこちらも検索」)
  3. 体験談・経験に基づく情報

です。

体験談・経験に基づく情報は文字の通りです。それ以外の2つを解説します。

対策キーワード(2語)に対してのサジェストキーワードのうち、検索意図が同じものを、見出し2または見出し3に、可能な限り網羅して設定していくのが上位表示には効果的です。

また、関連キーワードについても同様に、検索意図が同じものを見出し2または見出し3に設定すると評価が高まります。

ポイントは、見出し2か見出し3に設定するということです。

大事なポイントなのでもう一度言います。

 

「指定キーワードを用いて検索する読者の検索意図と同じか近いキーワードを見出し2または見出し3に網羅的に設定し、その見出しに記事を肉付けする」

 

これが、ホワイトハット的ライティング戦略の基本になります。

対策キーワードで検索した時に、上位表示されているどのページよりも、「オリジナリティがあり・詳しく・わかりやすく・読みやすい記事」を書き上げるつもりでライティングすることが重要です。

ライティング手順

  1. 指定キーワードの上位表示サイトのリサーチ(コンテンツ分析)
  2. 指定キーワードのサジェストキーワードを抽出
  3. 抽出したキーワードを検索意図に沿ってグルーピング
  4. グルーピングしたキーワードを厳選し、5つ前後のグループに絞る
  5. グループのキーワードを元に見出しタイトル案を作る
  6. 見出しタイトル案を「読者が知りたい順」に並べて記事見出し案(仮)を作る
  7. 指定キーワードの関連キーワードを抽出する
  8. 抽出された関連キーワードの内、検索意図が近いものを全てリストアップし、記事見出し案(仮)に追加する
  9. 記事見出し案(仮)を見て、ストーリーとなるように調整し、記事見出し案を完成させる
  10. 記事見出し案に記事の肉付けを行う

基本的な流れは上記の通りです。

では、具体的な作業の解説です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

更新日:

Copyright© i-Time~アイタイム~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.